【Towards Visibility】

本書は、2015年9月に刊行された「Towards Visibility」(可視化に向けて)の英語版の書籍になります。現代美術におけるドローイングのプロセスと実践的キュレーションの歴史的考査についてを取り上げています。編集は、Julie Enckell Jullard。執筆は、Mel Bochner、Hugo Daniel、Thierry Davila、Julloe Enckell Jullard、Catherine Macchi、Noor Mertens、Laurence Schmidlin、Lucy Steeds。
1964年のDocmenta 3にて始めてドローイングが展示されたこの年から1980年のヴェネチアヴィエンナーレの際にアメリカ館が展示したドローイングまでを一つの区切りとして、近年の展覧会の中でも重要な位置にあるドローイング展についての研究と考査を記述しています。

出版社:  Roven / Les presses du réel
タイプ:  ペーパーバック
言語:   英語
ページ数: 160ページ
サイズ:   23 × 16 cm
状態:   新刊

販売価格

3,900円(内税)

購入数