オラファー・エリアソン【Unspoke Spaces】

オラファー・エリアソン(Olafur Eliasson, 1967年生まれ)デンマーク出身、アイスランドのアーティストです。デンマーク王立芸術アカデミーにて学びます。その後、早い時期に注目を浴び世界各国で大きな展示を行います。自然現象を取り入れたインスタレーションは、人が日常では視覚化できないような事物を視覚したり、人の潜在的に持ちあわせている感覚に作用するような形態をとったものも多く見られます。人と自然が関わりあう場所を繋ぐツールの様なアート作品です。
2003年にユニリーバシリーズとして、テート・モダン(ロンドン)のタービン・ホールにて行われた展示『The Weather Projects』は、6ヶ月で200万人の来場者を引きつけました。

本書は、2016年に刊行されましたオラファー・エリアソンと自身のスタジオが、過去20年間に手掛けた、公共空間におけるアートと建築を横断するような大規模プロジェクトをまとめた一冊です。1990年代後半より、世界中の公共的な場所に作られた球体、トンネル、塔、歩道、アーチなど、エリアソンが抽象的なアイデアから出発し、探究の後に見つけ出した興味深い新たな形を多くの図版で紹介しています。また、地質学者、歴史学者(芸術と科学)、建築家、アーティスト、哲学者による9つのエッセイが収録、そして、エリアソンが”reality machines”と呼んでいる未現実、未完成のプロジェクトについても一部掲載されています。
書籍デザインには、ドイツ・ベルリンのHeimann und Schwantesが担当。

出版社:  Thames & Hudson
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 416 ページ
サイズ:  28 x 22 cm
状態:   新刊
その他:  図版300点以上

販売価格

11,000円(内税)

購入数