レベッカ・ホルン【The Mariabor Project】

レベッカ・ホルン(Rebecca Horn 1944年 - )ドイツ・ミヒェルシュタット出身のアーティストです。パフォーマンス、インスタレーション、彫刻、映画、ビデオ・アート、ドローイングなど多数の形態の作品を制作しています。1963年ドイツ・ハンブルグ造形芸術大学に入学、1971年には奨学金にてイギリス・ロンドンのセント・マーチンズ美術学校で学んでいます。70年代初頭から80年代初頭はニューヨークを拠点に活動。1986年にカッセル・ドクメンタ賞を受賞。その後90年代には大規模な展覧会をアメリカ・ヨーロッパで行います。
2009年には、ここ日本の東京現代美術館にて日本初の個展が開催されました。また、2010年に高松の見た殿下記念世界文化賞彫刻部門を受賞。

本書は、2012年9月28日から11月11日までスロベニア・マリボルのUmetnostna galerija mariborでの展覧会を機に2014年ドイツのSteidl社より刊行された書籍になります。「The Mariabor Project」と題された本展ならびに本書では、表紙にも使用された2012年の作品”Irrlichter (Will-o' -the-Wsps)”をメインに1990年から2012年までの約20点が展示されました(彫刻、インスタレーション)。また、その中の数点の作品はゲストとのコラボレーションが行われています。展示風景からパフォーマンスなどの記録写真、詩(英語に翻訳)など図版も豊富に掲載されています。

出版社:  Steidl
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 111ページ
サイズ:  26.1 x 20.5 cm
状態:   新刊

販売価格

3,000円(内税)

SOLD OUT
関連するオススメ書籍