ハンナ・ヘッヒ【Life Portrait】

 ハンナ・ヘッヒ(Hannah Hoch 1889 - 1978)は、ドイツ・ベルリンでダダイストとして活動したアーティストです。
 ドイツ東部のゴータで生まれ、ベルリンの美術工芸学校で学びます。1915年にベルリン・ダダの中心的人物であったラウル・ハウスマンと出会い、コラージュを基にしたフォト・モンタージュ作品を制作します。フォト・モンタージュは、その後の多くのアーティストに大きな影響を与えました。ヘッヒは生涯フォト・モンタージュ作品の制作を続けたほか、油絵、水彩作品なども数多く残しています。

 1972年の7月から73年の3月の間に制作された、ヘッヒの最後のアートワーク「Life Portrait」をまとめた書籍となります。「Life Portrait」は、ヘッヒによるオリジナルの写真を使用し、フォト・モンタージュの手法で制作された彼女のセルフポートレートであり、130 × 150cmという過去のコラージュ作品の中でも最大のサイズのものです。
 ほぼ100年に渡る人生の終着点として、彼女の個人的な経験を物語る38作品を、全体イメージだけでなく、繊細に作られた細部を拡大した図版によってご覧いただけます。また、ヘッヒの作品だけでなく、当時の政治や社会状況にも言及するテキストのほか、作品の理解を深める彼女のバイオグラフィーを収録しています。

出版社:  The Green Box
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 96ページ
サイズ:  23 x 23 cm
状態:   新品

販売価格

5,800円(内税)

購入数