アラン・セクーラ【Photography Against the Grain: Essays and Photo Works, 1973–1983】

アラン・セクーラ(Allan Sekula 1951年 - 2013年)アメリカ・ペンシルベニア州出身の写真、作家です。理論家、評論家でもある。1960年代に家族と共にロサンゼルスに移住。1974年、カルフォルニア大学サンディエゴ校を卒業。1985年からカリフォルニア芸術大学にて教鞭をとる。
1970年代後半より、写真とテキストによる作品、そして多くの論考や理論著作を発表。研究の対象は、グローバリゼーションに起因する経済変化の結果に、メディア、アート、社会の中のドキュメンタリー写真の機能に関して疑問を投げかけたものであった。「写真の意味の創出について」(1975年)「写真の交通」(1981年)「アーカイヴを読むこと」(1986年)「身体とアーカイブ」(1986年)など。
また、シリーズ作品「フィッシュ・ストリー」(1989年 - 95年)は、アーカイブの実践として8年の歳月をかけ制作された実践作品。その後も、世界の主要なアートフィスティバルや美術館にて展示を続けた。ここ日本では、2001年横浜トリエンナーレに参加。2015年京都国際芸術祭PARASOPHIAにて「催涙ガスを待ちながら」(1999 - 2000)が展示された。

本書は、1984年にノヴァスコシア芸術大学デザイン学院が刊行しましたが、長きに渡り絶版となっていましたが、この度、2016年にイギリスのMACKより再版されました。エッセイは、「On thre Inovation of Photographic Meaning」「Paparazzo Notes」「The Instrumental Image: Steichen at War」「Dismantling Modernism, Reinventing Documentary」(Notes on the Politics of Representation)「The Traffic in Photographs」の5つです。。写真作品は、「Aerospace Folktales」「Meditation on a Triptych」「This Ain't China: A Photonovel」「School Is a Factory」「Sketch for a Geography Lesson」です。

出版社:  MACK
タイプ:  ペーパーバック
言語:   英語
ページ数: 250ページ
サイズ:  27.5 x 21.5 cm
状態:   新刊
その他:  70000文字

販売価格

5,940円(内税)

SOLD OUT