ルイジ・ギッリ【The Complete Essays 1973–1991】

ルイジ・ギッリ(Luigi Ghirri 1943年 - 1992年)イタリア・スカンディアーノ出身の写真家です。特に建物や風景からなるコンセプチュアルな1970年代のカラー写真で、先駆的な写真家として知られています。初期の2つの写真集、「Atlante」(1973年)、「Kodachrome」(1978年)からも見られる、被写体とその周りを取り囲む環境の繊細な関係性や、無表情な中に垣間見えるウィットな表現が丁寧な仕事を伺わせます。また、ここ日本では、画家ジョルジュ・モランディのアトリエを撮影した作品でも知られています。
また、フォトグラファーとして活動を始めた当初から、写真についてのテキストを自身の出版物や、イタリアの新聞・雑誌にて発表していました。

本書は、1973年から亡くなる直前の1991年までに書かれた、彼の写真のテーマでもあるアイデンティティー、時間、記憶、ヴィジョン、表現、人と場所との関係性などについての68のテキストがまとめられたものとなります。
また彼自身の実践とは別に、写真の歴史についての探求も行っており、ウォーカー・エヴァンス、ウィリアム・エグルストン、ロバート・アダムス、ジョン・ゴセージについての考察も含まれています。
ギッリの包括的な写真論としてだけでなく、自伝としてもご覧いただける一冊です。

出版社:  MACK
タイプ:  ペーパーバック
言語:   英語
ページ数: 240 ページ
サイズ:  14 cm x 22.8 cm
状態:   新刊
その他:  カラー図版50点

販売価格

4,104円(内税)

購入数