ジョセフ・クーデルカ 【Exile】

ジョセフ・クーデルカ (Josef Koudelka 1938年 - )チェコスロバキア出身の写真家です。現在は、フランス・パリ在住。
プラハ工科大学にて航空学を学び、後に航空技術者として働きながら演劇写真家としても活動を行なっていました。
67年には、スロバキアのジプシーを撮影した写真展を開催。翌年68年には、ソ連軍のプラハ侵攻「プラハの春」を撮影し、この作品にてロバート・キャパ・ゴールド・メダルを受賞しました。(この時、困難な社会的状況下であったため作品は、匿名で発表されていました)1970年には、イギリスに亡命。1971年にエリオット・アーウィットの紹介により、写真家集団マグナムに参加。1974年には正会員として迎えられました。1975年にニューヨーク近代美術館にて大規模な個展を開催、1978年に東欧のジプシーを撮り続けた作品「GYPSIES」がナダール賞を受賞しました。近年は、ヨーロッパにて「社会的風景」を題材に写真を撮り続けています。

本書は、2015年にリプリントされましたクーデルカの代表作の一つ「EXILE」です。英語版は、1988年に同出版社「Thames and Hudson」より刊行され、今までに3度のリプリントを行っています。2014年以降にリプリントされたものには、新たに10枚の写真が追加されています。1968年に母国チェコスロバキアを離れ、ヨーロッパを旅しながら捉えた力強いドキュメンタリー写真。今なお多くの人々を魅了し続けている写真集です。

出版社:  Thames and Hudson

タイプ:  ハードカバー

言語:   英語

ページ数: 188ページ

サイズ:  26.5 x 29.8 cm

状態:   新刊
その他:  図版158点

販売価格

7,100円(内税)

購入数