ロバート・スティヴァース【Sanctum】

ロバート・スティヴァース(Robert Stivers 1953年 - )アメリカ・カリフォルニア州出身のファインアートフォトグラファーです。20世紀の初期のピクトリアリスムを思わせるぼかしを使用した、アウトオブフォーカスの写真を特徴とし、ダンサーの経験から身体やその一部を詩的に捉えた作品を展開しています。
カリフォルニア大学アーバイン校にて歴史を学び、1976年にはBAを取得。在学中にダンスを学んでおり、大学卒業後にはダンサーとしてニューヨークに移りました。1980年代にはプロのダンサーとして活動し、1990年代より本格的に写真家としての活動へと意向しました。1997年ニューヨークのYancey Richardson galleryにて、自身のダンスを捉えたシリーズ「シリーズ5」にて初個展を開催。同年、写真集「Photographs」を出版。その後も、2015年までに5冊の写真集を刊行しています。作品は、The Metropolitan Museum of Artなど世界の主要な美術館のコレクションに収められています。

本書は、2007年にTwin Palms社より刊行されましたスティヴァースの4冊目の写真集となります。2000年から2005年に撮影された作品(数点1988年撮影分が含まれている)。36cm×29cmの書籍に大きくプリントされた人物、植物、昆虫、絵画などのアウトオブフォーカスの美しい写真が41点掲載され、Eugenia Parryによるエッセイも収録されています。

出版社:  Twin Palms Publishers

タイプ:  ハードカバー

言語:   英語

ページ数: 88ページ

サイズ:  36 x 29 cm

状態:   新刊
その他:  図版41点

販売価格

7,000円(内税)

購入数