フランチェスコ・クレメンテ【Broken Woman Poem by John Wieners】

フランチェスコ・クレメンテ(Francesco Clemente 1952年 - )イタリアの画家です。新表現主義(ニューペインティング)を代表する画家の一人です。自由な表現を求めた彼は、ピカビアやキリコを好んでおりその理由の一つとして以下のような言葉を残しています。「かれらは自らの探求の誠実さを保証するために素人であると主張しつづけるとともに、思想は時代の人質にとられてしまったが、エロティズムとユーモアはいまだ自由であることを示してくれた」。現在は、NY.に住みインドと同都市を行き来しながら、制作を続けています。

本書は、1999年6月4日から7月31日までの期間、ドイツ・ケルンのJablonka Galerieにて開催の展覧会時に制作されたカタログになります。
フランチェスコ・クレメンテによる「Broken Woman」シリーズ、21点とジョン・ウィーナーズ(詩人)による詩、12点が掲載されています。「Broken Woman」シリーズは、1998年にBFKリーヴのような版画用紙にパステルで描かれた女性のポートレートです。ウィーナーズによる詩は、1999年に本人によってセレクトされました。(※ジョン・ウィーナーズは、1955年から1956年にブラック・マウンテンカレッジで学んでいます)

出版社:  Rafael Jablonka
タイプ:  ペーパーバック
言語:   英語
ページ数: 62ページ
サイズ:  31.6 x 24.1 cm
状態:   新刊
その他:  図版21点

販売価格

4,800円(内税)

購入数