ロバート・ラウシェンバーグ【Rauschenberg Sculpture】

ロバート・ラウシェンバーグ(Robert Rauschenberg 1925 - 2008年)アメリカ出身。20世紀を代表するアメリカの現代芸術家です。カンザス・パリ(一時)にて美術を学び、また多くの現代芸術家を排出した『ブラック・マウンテン・カレッジ』にてヨゼフ・アルバースに学んでいます。(同時期のブラック・マウンテン・カレッジには、ジョン・ケージやサイ・トォンブリーらも)また、ジョン・ケージの初の『ハプニング』(1952年)に参加、そして、デ・クーニングより提供された本人のドローイングを消してしまうパフォーマンス『消されたデ・クーニング』(1953年)を制作しています。1954年には、後に名付けられる『コンバイン・ペインティング』(日常的な道具と廃品を組み合わせ、その上に筆を加える)を制作し始めます。その後も勢力的に活動を続け数々の作品を生み出しました。

本書は、1995年10月22日から12月31日まで、アメリカ・テキサス州のModern Art Museum of Forth Worthにて開催された展覧会に合わせて刊行された書籍になります。
キュレーターJulia Brown Turellは、特にラウシェンバーグの「彫刻作品」に焦点をあて、極力、絵画的要素を省いた作品のみを集め、この展覧会を開催しました。
書籍内には、彫刻作品などの図版119点とキュレーターによるランシェン・バーグへのインタビューが数十頁に渡り掲載されています。また、所々に挟まれたトレーシングペーパーに印刷された白黒図版もとても美しい図版となっています。

出版社:  Modern Art Museum of Forth Worth
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 136ページ
サイズ:  32 x 25.2 cm
状態:   新刊
その他:  図版119点(カラー図版85点、白黒図版34点)

販売価格

4,300円(内税)

SOLD OUT