【Russian Art of the Avant-garde, Theory and Criticism】

19世紀末より、ロシアの芸術は、政治的・社会的な激動を反映しながら、前衛的な数々の作品を生み出し、劇的な変化を経験しました。革命的な年は、新しい芸術はグラフィックデザインや産業デザインで応用され、多くの支持をえましたが、多くの芸術家は、ますます圧迫的な政治的制圧を感じ、ロシアを離れて制作することを選びました。カンディンスキーやマレーヴィッチ、ガボやペヴスナーなどは、現代西洋美術の歴史に重要な貢献をしていることで有名ですが、その他にも多くの知られていない芸術家います。
著者John E. Bowltは、ロシア・アヴァンギャルドの主要な芸術家や批評家たちのマニフェスト、記事、宣言などの貴重な資料を収集し、翻訳。100点以上の図版で、その作品らを紹介し、一冊の書籍にまとめました。
この書籍では、ロシア・アヴァンギャルドの入門書として、6つのチャプターにて解説を行っています。

※こちらの書籍は、2017年4月末から5月下旬に再入荷予定です。

出版社:  Thames & Hudson
タイプ:  ペーパーバック
言語:   英語
ページ数: 416ページ
サイズ:  21 x 15 cm
状態:   新刊
その他:  図版105点

販売価格

2,750円(内税)

SOLD OUT