ソル・ルウィット【An Invitation to Sol Lewitt】

ソル・ルウィット(Sol LeWitt,1928 - 2007年)は、コンセプチュアル・アートの先駆者として知られる、アメリカ合衆国の美術家です。
ルウィットは、グリッド(格子)によるマトリックスの生成をテーマとした作品を、1960年から亡くなる2007年までの50年に渡って制作し続けました。
1950年代後半には、エドウィアード・マイブリッジの動きを連続的にとらえた写真にインスパイアされます。そして、1960年代よりマイブリッジの走る男性の写真をモチーフとし、グリッドで構造化された大きな油絵作品の制作を始めました。
1962年より作品は、人物像を排除することで単純化されていき、64年には壁に取り付けられたグリッドの構造体による作品の制作を開始しています。1968年に初の「ウォール・ドローイング」を制作したとき、グリッドを作品における構成上の原則として使用しました。その後グリッドは、3次元の構造体の作品、紙に描かれたドローイングや水彩、写真作品の他、アーティスト・ブックや家具に至るまで、彼が作品を残したすべてのメディアにおいて適用される、広がりをもったマトリックスとして捉えられるようになりました。

本書は、2016年にイタリアのラヴェンナにあるDanilo Montanari Editore社より、刊行されました。コンセプチュアルアートの先駆者として知られるルウィットは、世界中で展覧会を行ってきました。この書籍では、1970年代から2000年代初頭にかけて世界中で行われたいくつかの展覧会の招待状やフライヤー、ポスターに着目。アーティスト自身がデザインしたものなども含め、4つのカテゴリーにて紹介しました。(カテゴリーは、「An Invitation」「Grid and Projects」「Colours」「Structures」)

※本書は、裏表紙の白地部分にスレがございますため、10%オフの価格での販売となります。

出版社:  Danilo Montanari
タイプ:  ペーパーバック
言語:   英語、イタリア語
ページ数: 128ページ
サイズ:  24 x 17 cm
状態:   新刊 

販売価格

3,700円(内税)

SOLD OUT