フランチェスカ・ウッドマン【Francesca Woodman】

フランチェスカ・ウッドマン (Francesca Woodman 1958 - 1981年)アメリカ・コロラド州出身の写真家です。自身や女性モデルを撮影した白黒写真で知られています。主に中判カメラと5.7×5.7cmのネガを仕様していました。1975年から1978年まで、アメリカの名門美術大学:ロードアイランド・スクール・オブ・デザイン (RISD)にて学び、途中一度イタリアへと留学をしています。1979年より、NYに移り写真家として活動を始めますが1981年、22歳という若さで自ら命を経ちました。しかしながら、ウッドマンの両親は10000点以上のネガを保管しており、2006年には800点のプリントから120点の写真がセレクトされ大規模な展覧会がロンドン、NYにて行われました。

本書は、2006年にハードカバー版が刊行、10年後の2016年にペーパーバック版がはじめて刊行されました。(本書は、ペーパーバック版となります)
この包括的なウッドマンのモノグラフには、彼女の父ジョージ・ウッドマンが彼女の記録から抜粋した作品や、1981年に刊行された「Disprdered Interior Geometrie」やいくつかの写真集の複製や大きなサイズの青写真などが、250点以上の図版にて掲載されています。また、Chris Townsendによる、フランチェスカ・ウッドマン作品へのテキストも収録。

出版社:  Phaidon
タイプ:  ペーパーバック
言語:   英語
ページ数: 256ページ
サイズ:  29 x 25 cm
状態:   新刊
その他:  図版250点以上

販売価格

4,800円(内税)

購入数