ロバート・メープルソープ【The Complete Flowers】

ロバート・メープルソープ(Robert Mapplethorpe 1946 - 1989年)アメリカ合衆国の写真家です。彼は1970年に、友人から譲り受けたポラロイド・カメラで写真を撮り始めました。約20年後、メープルソープが42歳で亡くなった時、彼の時代で最も重要な写真家となっていました。彼の優雅で時としてショッキングなヌード、黒人や白人のポートレート、花の静物写真、SMのセクシャルなイメージは、アメリカやヨーロッパで広く知られ、批評の対象となります。彼の死後、性的にストレートな彼の作品が芸術作品であるかをめぐり、ワシントンD.C.のコーコラン・アート・ギャラリーでの彼の展覧会が中止になるなど、物議を醸しました。

本書は、オリジナル版が2006年にteNeuesより刊行され、2016年に新たにイギリスのPhaidonより刊行されました。(本書は、2016年Phaidon版となります)
メイプルソープの代表的な作品のひとつ「Flower」写真の決定的なコレクションとなる本写真集には、1973年から1989年に撮影された「花」の写真が、213点の図版にて掲載されています。上記にもあるように、1970年よりポラロイドカメラでも撮影を試みていたソープの幅広い撮影プロセスで、実験的に撮られた花の美しい写真集です。

出版社:  Phaidon
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 368ページ
サイズ:  30.8 x 29.2 cm
状態:   新刊
その他:  スリップケース入り、専用外箱有り、図版213点、布張り装丁

販売価格

20,500円(内税)

SOLD OUT