アーノルフ・ライナー【Fossilien】

アーノルフ・ライナー ( Arnulf Rainer 1929年 - )オーストリア生まれ。オーストリアを代表する画家です。美術機関にて教育を受けていません。彼の初期の作品は、シュールレアリズムの空想的な部分にインスパイアされました。それから後の1951年に、パリに訪れた際、抽象表現主義やアンフォルメルに影響を受けます。特にアンドレ・ブルトンに出会い衝撃を受けます。ライナーのオーバーペインティングはこの頃より制作され始めています。激しい線描で、再加工された写真や絵画は、新しい画面を作り出していきます。その中で、1956年には十字架(クロス)シリーズも描いています。1973年からは、フィンガーペインティングも行うようになります。

本書は、1987年にオーストリア・ウィーンのGalerie Heike Curtzeによって、制作されたカタログ書籍になります。
書籍内には、アンリ・ミショーのリトグラフにライナーの線描が描かれた作品42点が掲載されています。制作年は、1984年から1986年となっています。ユニークな作品集となっています。

出版社:  Galerie Heike Curtze

タイプ:  ペーパーバック

言語:   ドイツ語、フランス語

ページ数: 60ページ

サイズ:  29 x 21 cm

状態:   新古品
その他:  図版42点、出版から年月が経っているため少々劣化がございます。

販売価格

2,800円(内税)

購入数