エド・ルシェ【Los Angeles Apartments】

エド・ルシェ (Ed Ruscha 1937年 - )アメリカのアーティストです。絵画・写真・版画・映画などを使用した作品を創るコンセプチュアル・アーティストです。
1960年のリトグラフの流れとタイポフェイスの流れの両方を含んだ制作を試みます。写真やフィルムに『言葉』を合わせた広告媒体のようなイメージを伺わせますが、それは、絵画・写真・版画というジャンルにとどまらない一つの新しい表現でした。自費出版にて、アーティストブックも出版しています。『本』を作品とみなすこの行為は、コンセプチュアルアートといままでの平面的な写真の歴史に大きな影響を与えるものでした。1960年後半に見られた「ストレート・フォトグラフィー」の枠組みにとらわれない表現の一つでもあります。

本書は、2013年6月8日から9月29日にスイス・バーゼルのKunstmuseum Basel, Kupferstichkabinettにて開催された展覧会の際に、ドイツ・Steidlより刊行された書籍になります。
1965年にルシェは、3つ目の写真集となる「Some Los Angeles Apartments」を刊行。そして同時期に、南カリフォルニアのアパートの例を描写したドローイングのシリーズを完成させています。近年、バーゼルの美術館の版画部門は、それらに関する貴重な資料や図面を取得し、作品プロセスの研究を始めました。(ここには、代表作でもある1962年のガソリンスタンドの作品も含まれています)この展覧会及び書籍内では、この研究の一部を発表するようなかたちで、1965年前後のルシェの代表作が貴重な資料と共に掲載されています。

出版社:  Steidl

タイプ:  ハードカバー

言語:   英語

ページ数: 160ページ

サイズ:  26 x 20.7 cm

状態:   新刊

販売価格

4,300円(内税)

SOLD OUT