コブラ【COBRA - The History of a European Avant-Garde Movement (1948-1951)】

コブラ(CoBrA)は、北ヨーロッパを中心に1948から1951年に活動を行った前衛芸術運動です。
ベルギーの詩人・画家のクリスチャン・ドートルモンによって、メンバーの本拠地のコペンハーゲン、ブリュッセル、アムステルダムの頭文字をとって命名され、アスガー・ヨルン、ピエール・アレシンスキー、カレル・アペル、コンスタン、コルネイユらがメンバーとして参加しました。同時代の芸術の動きであったアメリカのアクション・ペインティングや、フランスのアンフォルメルとの共通性を持ちながらも、プリミティブ・アート、フォーク・アート、アール・ブリュットなどの影響を感じさせる、原初的なエネルギーに満ちた激しい 作風を特徴としています。

本書は、多数の資料と会話の内容に基づいてコブラの活動がまとめられた1974年の書籍をこの度フル・アップデートした書籍になります。
著者はコブラ研究の第一人者であり、コブラの活動に関する様々な書籍や展覧会カタログにて記事を手がけてきたWillemijn Stokvis。アーティストごとに豊富な作品図版と共に、様々な貴重な資料によって400ページ以上のボリュームでご覧いただけます。
短い活動期間ながらも、モダンアートに大きな影響を与えたコブラを知るための好著と言える一冊です。


出版社:  Nai010 Publishers
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 416ページ
サイズ:  29 x 24 cm
状態:   新刊

販売価格

9,400円(内税)

購入数