リチャード・ハミルトン【Richard Hamilton In The Reflection Of Marcel Duchamp】

リチャード・ハミルトン(Richard Hamilton, 1922 - 2011)
イギリス・ロンドンに生まれ、ロンドンのロイヤルアカデミー等でアート、工学を学び、一時期デザイナーとして働いたのち、1950年ごろよりアーティストとしての活動を開始します。1956年、雑誌や広告などマスメディアのイメージを使用して制作されたコラージュ作品『Just what was it that made yesterday’s homes so different, so appealing?』は、ポップアートの先駆けとして、60年代アメリカのポップ・アーティストに多大な影響を与えました。
また、反芸術を標榜し、芸術に既製品のオブジェを持ち込んだマルセル・デュシャンへ深い関心を寄せ、1960年に『Green Box』の活字版をデザインし、65年にはデュシャン自身の指導のもとで、大ガラスのレプリカ制作を行っています。
印刷技術に精通し、80年代にはコンピュータで作成された作品を制作するなど、常に知的な洞察に富んだハイセンスな作品を制作し続けたアーティストです。

本作は、ストックホルム、ロンドン、東京にある大ガラスの3つのレプリカを題材とした映像作品などを制作する、フランスのビデオアーティスト、映像作家のPascal Goblotによる、デュシャンについての、ハミルトン自身へのオリジナルインタビューなど未発表の映像資料を収録したDVD。20世紀のアートにおける最も複雑で理解の困難な大ガラスについて、ハミルトンは全ての細部から、デュシャンの思索の広がりを損なうことなく、統一された視点からの理解を試みています。
53分の本編に加え、Goblotの映像作品3作がボーナスとして収録されています。ボーナスは、上記のレプリカを題材とした映像作品『Travelling Version』(2007年/26分)、ハミルトンについての映像作品『Just what is that makes today’s home son different, so appealing?』(2004年/2分)、『The White Album: The Beatles』(2005年/4分)。

《ご注意》
パソコンのDVDプレーヤーにてご覧頂けます。
日本の家庭用DVDプレーヤーではご覧頂けませんので、ご注意下さいませ。



出版社:  A.p.r.e.s.
タイプ:  DVD(45ページのブックレット付属)
言語:   英語(サブタイトル:フランス語、スペイン語)
時間:   85分
サイズ:  19 x 14 cm
状態:   新刊
その他:  DVD5、PAL、Multizone

販売価格

4,200円(内税)

購入数