トーマス・シュッテ【Big Buildings】

トーマス・シュッテ(Thomas Schutte 1954年 -)ドイツ・オルデンブルグ出身。ドイツの現代アーティストです。現在は、デュッセルドルフを拠点に活動を行っている。1973年 - 1981年にデュッセルドルフ美術アカデミーにてゲルハルト・リヒターに学びました(カタリーナ・フリッチュが同時期に在籍)。作品形態は、初期の建築的なインスタレーションから、彫刻、水彩画、ドローイングと広範囲に渡ります。1980年代半ばより、勢力的に活動を行っており、1989年には、アメリカ・ニューヨークのMarian Goodman Galleryにて個展を開催しました。それ以降、定期的に世界で展示を行い続けています。現在は、Tate、MOMA、Art Institute of Chicagoのコレクションにて作品を見ることができます。2014年Ernst Franz Vogelmann Prizeの彫刻部門にて賞を受賞。

本書は、2010年に、ドイツ・ボンの国立絵画展示館にて行われたシュッテの大規模な回顧展に合わせて出版された書籍になります。シュッテ作品に繰り返し現れるテーマである建築的なアート作品を主軸に、1980年から2010年まで過去30年に渡る活動が年代別に紹介されています。
作品仕様と写真図版に加え、ドローイングや作品図面、模型などの豊富な資料、シュッテと建築的アートを論じたエッセイを収録しています。建築的模型と小さな人形を使用したコンセプチュアルな空間構成によって、独自に展開されるシュッテ作品をまとめてご覧頂ける一冊となっています。


出版社:  Snoeck
タイプ:  ハードカバー
言語:   ドイツ語、英語
ページ数: 272ページ
サイズ:  30.7 x 25.3 cm
状態:   新刊
その他:  カラー図版412点

販売価格

5,600円(内税)

購入数