• フィンセント・ファン・ゴッホ【Van Gogh Drawings : Influences and Innovations】

    フィンセント・ファン・ゴッホ(Vincent van Gogh, 1853 - 90)オランダ出身のポスト印象派を代表する画家です。オランダ南部のズンデルトで牧師の家庭に生まれます。画商として働いたのち、各地で色々な職を経て聖職者を目指すようになります。しかし自身の熱意と聖職者の勉強との乖離を感じて挫折、1880年に画家を志し絵の勉強を始めます。
    パリに移り住んだ1885年ごろから、大胆な筆のタッチによる描写と表現主義的な色彩による作風を追求し、1888年からは、南仏のアルルに移りゴーギャンとの共同生活を始めます。この時期には、アルルの跳ね橋、ひまわり、種を蒔く人など代表作を製作しています。しかし、画家としての経済的な成功は得られず、ゴーギャンとの関係の悪化などから、次第に精神を病み、病院や診療所に入所し、狂気と戦いながらも独自の絵画作品を制作し続けました。
    ゴッホの死後、作品の評価が高まり、後のフォービスムやドイツ表現主義など20世紀の美術の大きな影響と残しました。

    ゴッホにとって、ドローイングは絵画の基礎として制作に欠かせないものでした。その作品は、単なる絵画の下絵としてではなく、彼の見つめる対象、追い求めた絵画像と時代ごとの変遷を生々しく伝えています。
    本書は、アルルのヴァン・ゴッホ財団にて行われた、ゴッホのドローイング作品を紹介する展覧会に合わせて刊行されました。デッサン、水彩画、ペン画など、ゴッホ独自の描画法による緻密で美しい作品の数々をご覧いただける一冊となっています。
    また、彼の初期の作品に影響を与えた雑誌、17世紀の版画、日本の浮世絵のレプリカなど、彼の作風を形作る上で大きな影響を与えた作品が特集としてまとめられています。


    出版社:  Actes Sud
    タイプ:  ハードカバー
    言語:   英語
    ページ数: 120ページ
    サイズ:  28 x 22 cm
    状態:   新刊

    販売価格

    4,200円(内税)

    購入数