セバスチャン・サルガド【The Scent of a Dream - Travels in the World of Coffee】

セバスチャン・サルガド ( Sebastiao Salgado 1944年 - )ブラジル・ミナス・ジェライス州出身の写真家(ドキュメンタリー写真家・フォトジャーナリスト)です。Hal Gouldは、サルガドは21世紀初頭の最も重要な写真家の一人であると考えています。サンパウロ大学の経済学修士課程を卒業し、エコノミストとしてInter National Coffee Organizationに勤務。1973年より、本格的に写真家として活動を始めました。1979年より、国際写真集団「マグナム・フォト」に所属(1994年に退会)。1982年には、ラテン・アメリカを捉えたシリーズにてユージン・スミス賞を受賞。2001年からは、ユニセフ親善大使に就任しています。写真家としてだけでなく環境保全や復元に尽力している環境活動家でもあります。2004年より、プロジェクト「GENESIS」を開始、地球の起原のような美し地球の姿を写す壮大な8年のプロジェクトでした。
2014年ヴィム・ヴェンダースによるドキュメンタリー映画:セバスチャン・サルガド〜地球へのラブレター(邦題)が公開。
(セバスティアン・サルガードとも記載されることもあります)

世界中の伝統的・持続的な方法でコーヒー栽培を行う農家をドキュメントし、その歴史と実態を明らかにする一冊。サルガド自身、ブラジルの主要なコーヒーの産地の出身であり、10年近くに渡ってコーヒーの世界を調査し、敬意、公平な取引、そして絶えず改良されている品質が人々の生活を向上させている様子に焦点が当てられています。中国、コロンビア、グアテマラ、エチオピア、インド、ブラジル、コスタリカなどの主な農場の旅の風景が、大きな写真図版で収められた写真集となっています。


出版社:  Abrams
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 320ページ
サイズ:  36 × 25cm
状態:   新刊
その他:  図版150点

販売価格

6,100円(内税)

購入数