• banner
  • フランシス・ベーコン【Painting, Philosophy, Psychoanalysis】

    フランシス・ベーコン(Francis Bacon 1909−1992年)アイルランド出身。20世紀を代表する画家の一人でもある。正規の学校教育・美術教育を受けていない。パリに移住しピカソの絵画に触発され1926年より絵を描き始め、1929年頃からは油彩を始めた。1934年に初の個展をロンドンにて行いますが、その後1930年−1940年代の作品を全て破棄してしまいました。1944年より、活動を再開し代表作の一つ「有る磔刑の下の人物のための三習作」を発表した。暴力的なデフォルマシオン(変形・歪曲)を加えた作品は衝撃を与え、54年にはルシアン・フロイドとともにイギリス代表としてヴェネチア・ビエンナーレに参加。今尚、世界中の人々を魅了し、その作品は世界の主要な美術館に収蔵されている。

    本書は、フランシス・ベーコンの芸術と動機を明らかにすることを目的として刊行された新しいシリーズ(全3巻)のベーコン研究書の第2巻です。20世紀の最も重要な芸術家の一人であるベーコンの作品は、今日もなお、我々に難題と不安を与え続け、複雑な問いを投げかけています。ここ数十年間、ベーコン研究では、2つの理論的アプローチが主導権を握っています。第一にベーコンは実存主義の画家であり、不条理に無神の世界を描写している。第2に、彼はアンチ具象派の画家であり、主な目的は、作品を鑑賞者の”神経系”に直接的に訴えることである。
    本書では、今日の主要な批評家と精神分析家を招集し、確立されたベーコンと芸術について、新しい考え方を切り開きます。エッセイでは、ベーコンとアリストテレス、ヘーゲル、フロイト、ラカン、アドルノ、ハイデガーを議論し、モダニズムとモダニティのより広い文脈でベーコン作品を位置づけました。その結果は、ベーコン、現代美術、現代美学に興味ある人々にとって刺激的な内容となりました。

    出版社:  Thames & Hudson
    タイプ:  ペーパーバック
    言語:   英語
    ページ数: 176ページ
    サイズ:  26 x 20 cm
    状態:   新品

    販売価格

    4,300円(内税)

    購入数



    新入荷!






    人気書籍






    ■お支払い方法 以下よりお選び頂けます。
    ・クレジットカード
    ・銀行振込
    ・郵便振替
    ・代金引換
    → 詳しくはこちら
    ■送料 15,000円以上のお買上げで送料無料。
    (沖縄・離島は半額負担)
    → 詳しくはこちら
    ■領収書 ご注文時に『備考欄』にて、お知ら
    せください。
    その際、必ず『お宛名』のご入力を
    お願いします。

    ☆代金引換をご利用の場合、領収書
    の発行は行っておりません。
    → 詳しくはこちら
    ■ギフトラッピング ご注文時に、『ギフトサービス』の
    項目よりご指定ください。
    リボンを2色よりお選び頂けます。
    ラッピング料:180円(税込)
    → 詳しくはこちら
    ■キャンセル・返品・交換 お客様のご都合によるキャンセル、
    返品、交換はお受け致しかねますの
    で予めご了承下さい。
    → 詳しくはこちら
    ■特定商取引法に基づく表示 ■お問い合わせ ■メールマガジン