ディーター・ラムス【As Little Design As Possible】

ディーター・ラムス(Dieter Rams 1932年 - )ドイツ・ヴィースバーデン出身。同国を代表するインダストリアルデザイナーであり、ミュンヘン工科大学の名誉教授です。代表作は、Braun社の製品デザインが挙げられます。
1947年から1953年までに、ヴィースバーデン美術学校にて建築とインテリアを学んでいます(内、1948年は休学しています)。
その後、ドイツ・フランクフルトを拠点に活動する建築家Otto Apelの元で働き、1955年には、Braun社に建築とインテリアデザイナーとして採用されます。1961年には、チーフデザイナーに就任し、1995年まで勤務しました。また、作品の多くは、アメリカのニューヨーク近代美術館のコレクションに収蔵されました。
ラムスのデザインは、世界で評価され、また、アップル社のデザイナージョナサン・アイブにも影響を与えています。

本書は、イギリスのPhaidon社より刊行された書籍になります。ラムスの手がけたBraun社の製品を中心に、スケッチ・試作品・完成品などを多くの図版で紹介。
また、ラムスの自宅の写真や、アップル社のデザイナージョナサン・アイブによる序文も収録されています。

著者:   Sophie Lovell
出版社:  Phaidon
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 400ページ
サイズ:  27 x 20.5 cm
状態:   新刊

販売価格

9,200円(内税)

購入数
関連するオススメ書籍