アンリ・カルティエ・ブレッソン【A PROPOS DE PARIS】

アンリ・カルティエ・ブレッソン( Henri Cartier-Bresson 1908 - 2004年)
フランス・セーヌ=エ=マルヌ県出身。20世紀を代表する写真家の一人です。
初期は、シュルレアリズム的写真を制作していますが、スナップ・ショットを基本とした方法はシュルレアリストたちとは異なっていた。1936年パリにてデヴィッド・シーモアとロバート・キャパに出会い、1947年に国際写真集団「マグナム・フォト」を結成した(ジョージ・ロジャーも加わる)。
青年期は、芸術家になることを夢みて日々制作に励みますが’、1930年代シュルレアリストのマン・レイの写真に出会い刺激をうけます。しかし、ブレッソンのスタイルは、シュルレアリズムとは異なっていたため別の道を模索する。パリでの偶然の出会いによって1947年に国際写真集団「マグナム」を結成。「マグナム」には、エリオット・アーウィットやインゲ・モラスなども加わり、約半世紀に渡り世界中の戦争や重大事件の目撃者として’、人々を記録し続けた。また、ブレッソンは報道写真に新たな見方を提案した。シュルレアリズムなどの現代美術に精通し、報道の為だけの写真ではなく自身の感心を美しいフレームで切り取った。完璧な構図と物事の本質を捉えた決定的瞬間が表現されている。また、写真の商業的利用も同時に行いファッション誌「ハーパース・バザー」などの仕事もしていた。1965年には、ここ日本にも滞在したことがある。

本書は、ブレッソンが撮った1950年代60年代のパリとパリの人々のみを集めた写真集です。ここには、130枚以上の写真が掲載されています。ブレッソンの芸術性の高い報道写真(フォトジャーナリズム)は、明瞭でかつ夢幻的な都市の景色を捉えています。
現在でも、一度は訪れてみたい人気の都市パリの美しい写真集です。ここには、ガイドブックにも掲載の有名な建物も写っていますが、それ以外でも50年代60年代の魅力的な夢の様なパリのモノクロ写真は、別の視線からその魅力を伝えてくれます。

出版社:  Thames & Hudson
タイプ:  ペーパーバック
言語:   英語
ページ数: 167ページ
サイズ:  26 x24 cm
状態:   新刊
その他:  白黒図版

販売価格

4,100円(内税)

購入数
関連するオススメ書籍