ロバート・キャパ【Die Summlung】

ロバート・キャパ(Robert Capa 1913 - 1954年)ハンガリー出身の写真家です。(1933年アメリカへ亡命。終戦後の1946年にアメリカ市民権を獲得した)(本名:フリードマン・エンドレ・エルネー、アンドレ・フリードマン)スペイン内戦、日中戦争、第二次世界大戦(ヨーロッパ戦)、第一次中東戦争、第一次インドシナ戦の20世紀の大きな戦争を取材した、同世紀を代表する戦場カメラマンです。同時に、アーネスト・ヘミングウェイやピカソなどの芸術家達との親交も深く、彼らのプライベートな写真も数多く撮影している。1947年にアンリ・カルティエ=ブレッソン、ジョージ・ロジャー、デヴィッド・シーモアらとともに写真家集団”マグナム”を結成。代表作”崩れ落ちる兵士”は、1936年にフランスの写真週刊誌「ヴュ」に掲載され翌年にはアメリカのグラフ誌「LIFE」掲載、世界中で知られることとなった。他に「ちょっとピンぼけ:Slightly out of Focus」というタイトルの写真著書も出版している。


出版社:  Phaidon
タイプ:  ハードカバー
言語:   ドイツ語
ページ数: 571ページ
サイズ:  25.7 x 25.5 cm
状態:   新品

販売価格

8,500円(内税)

購入数
関連するオススメ書籍