フランシス・ベーコン【Incunabula】

フランシス・ベーコン(1909年−1992年)アイルランド生まれ、正規の学校教育・美術教育を受けていません。パリに移りピカソの絵画に触発され1926年より絵を描き始め、1929年頃からは油絵も描き始めます。1934年に初の個展をロンドンにて行いますが、1930年−1940年代の作品を全て破棄してしまいました。1944年より、活動を再開し「有る磔刑の下の人物のための三習作」を発表します。暴力的なデフォルマシオン(変形・歪曲)を加えた作品は衝撃を与え、54年にはルシアン・フロイドとともにイギリス代表としてヴェネチア・ビエンナーレに参加しています。

本書は、フランシス・ベーコンの重要なイメージソース達を掲載した書籍になります。生前、ベーコンはたくさんのスクラップや写真を所有していました。それらは切り取った写真であったり、絵の具を飛び散らせた雑誌の切抜であったり、紙切れに書かれたスケッチやドローイングなどもありました。ベーコンが亡くなった後、専門家達の手によって、彼のロンドンのアトリエからたくさんのそれらの資料が見つけられ保存されました。そして、その一部がこの書籍にまとめられました。ベーコンが制作の上で、何に興味を持ち、それらを作品に使用して行ったのかが見て取れる大変興味深い書籍です。

出版社:  Thames & Hudson
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 199ページ
サイズ:  30.7 x 25cm
状態:   新刊

販売価格

6,100円(内税)

購入数