サイ・トゥオンブリー【The Natural World】

サイ・トゥオンブリー(Cy Twonbly 1928年 - 2011年)アメリカを代表する画家・彫刻家です。バージニアに生まれ、ニューヨークのアートスクールにてドイツ表現主義の絵画を中心に学びます。その後、多くのアーティストや文学者を魅了した「ブラック・マウンテンカレッジ」の夏と秋の講座に参加し、ロバート・マザウェルに師事しました。1951年、ニューヨークのSamuel M.Kootzにて初個展を開催。1957年に初めてローマを訪れ、1967年より定住し、2011年にこの世を去るまでこの地で制作を続けました。
トゥオンブリーは、1950年代よりプリミティブで実験的な絵画作品を制作し、その後黒いキャンバスに白の自由な線描を特徴とした絵画を展開します。
1960年代からは色彩が使用されるようになり、素手で絵具を塗り付けた絵画を制作。その後も、ギリシャ神話「Leda and the Swan」(レダと白鳥)をテーマとした作品、「Blackboard Paintings」、「Grey Paintings」など多くのシリーズを描いています。また、2010年にはルーブル美術館の天井画を手がけるなど、亡くなるまで意欲的に作品を制作し続けました。
絵画だけでなく、非常に個性的な彫刻作品や、ポラロイドで撮影された写真作品も数多く制作しています。

今回は、「THE NATURAL WORLD」という題名にて、ミニビジュアルブックが届きました。装丁も美しい一冊です。自然現象は、いつもトォンブリーにとても重要なインスピレーションをもたらします。建築グループ"レンゾ・ピアノ"によって設計されたシカゴ美術館の新館のオープニング時に開催された展覧会のものです。表紙は、「Peony Blossom」(2007年)が用いられています。意味は、「芍薬」です。


出版社:  Schirmer/Mosel
タイプ:  ハードカバー
言語:   ドイツ語
ページ数: 95ページ
サイズ:  25.5 x 18.5 cm
状態:   新刊

販売価格

6,100円(内税)

SOLD OUT
関連するオススメ書籍