ジェームズ・タレル【James Turrell】

1943年アメリカ合衆国生まれ。タレルは45年以上にわたり作品の素材として光を使用し、知覚の可能性を探求してきました。タレルの代表シリーズ「Sky Spaces」は、天井を円形や正方形にくりぬき、建物の内部から空を鑑賞する作品で、世界中の美術館でコレクションされています。日本では新潟県十日町市の光の館、金沢21世紀美術館や、香川県直島の地中美術館でタレルの作品を体験することが出来ます。

本書は、ロンドンのガゴシアン・ギャラリーで発表された、インスタレーション、光の作品、彫刻、版画などの作品カタログで、近年のタレルの作品が収録されています。

"Sustaining Light"(2007)
壁のガラス板が、コンピュータ制御されたネオン光によりピンク・紫・青・緑…と時間とともに緩やかな変化を見せる作品。移り変わる光の様子が連続写真で紹介されています。

"Bindu Shards"(2010)
ヘッドホンを装着し、寝台に横たわった鑑賞者が、巨大な球形の装置の内部で色のスペクトラムを体験する作品。

"Roden Crater"
タレルのライフワークである、ローデン・クレーター(アリゾナ砂漠の巨大な死火山の噴火口そのものを作品化する)のプロジェクトを紹介する写真や模型などの資料。

"Dhātu"(2010)
階段を上って、丸みを帯びた部屋に入り、緩やかに変化し続ける神秘的な光の世界に包まれる作品。鮮やかな色彩に包まれた部屋の様子が、たくさんの図版で紹介されています。

…など、タレル作品の光の美しさを十分にご覧いただける一冊となっています。
また、書籍のカバーや、表紙の装丁、本文中の文字の色に至るまでタレルの作品のイメージに合わてデザインされた仕上がりとなっています。

出版社:  Rizzoli
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 80ページ
サイズ:  31.7 x 25.5cm
状態:   新刊

販売価格

10,500円(内税)

購入数
関連するオススメ書籍