ロバート・スミッソン【Spiral Jetty】

ロバート・スミッソン(Robert Smithson, 1938 - 1973年)は、アメリカ合衆国ニュージャージー州生まれの現代アーティストです。
ニューヨークで絵画を学び、イラストレーター等の仕事で活動した後、1964年にミニマルアートの流れを受けてガラス板やネオン管を使用した作品を発表します。その後、サイト・スペシフィシティ(場所固有であること)など、アート作品とその環境の関係を思考し、地球環境にまで表現方法を広げる『ランド・アート』と呼ばれる現代アートの潮流にかかわります。ユタ州・グレートソルトレイクに大きな螺旋の堤防を築いた作品『スパイラル・ジェッティ(1970)』は現在も高く評価されています。

この書籍は、2010年に刊行された『スパイラル・ジェティ』の記録写真です。湖の水位の変化に依存して、年に数回しか現れないこの作品の様々な様子を収めた写真集でもあります。また、制作途中の写真も掲載されています。スミッソンは、墜落事故により早すぎる死を迎えました。本書は、数少ない彼のランド・アート作品の中で代表作として取り上げられる『スパイラル・ジェティ』の大判書籍になります。手の込んだ装丁、プリント、大きな写真と大変見応えのある書籍となっています。

出版社:  PHOTOLOGY
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 104ページ
サイズ:  28 x 42 cm
状態:   新刊

販売価格

5,650円(内税)

SOLD OUT
関連するオススメ書籍