ロバート・アダムス【The New West】

ロバート・アダムス (Robert Adams 1937年 - )アメリカ・ニュージャージー州出身。アメリカを代表する写真家です。幼少期は、父親の仕事によりアメリカ各地で過ごします。1955年コロラド州の大学に進学。翌年、カリフォルニア州の大学に移り勉強を続けます。1962年にはコロラド州に戻り、大学にて英語を教えています。1963年に35mmの一眼レフを購入し主に自然や建築物を撮り始めました。カメラワークや絞りなどを自身で勉強し始め、その後プロのカメラマンにより本格的な写真技術を学びました。1967年には写真を撮る時間を増やし、70年に入るころには、写真家として働き始めています。1974年、写真集「The New West」を刊行。翌年に『ニュー・トポグラフィクス』展にて、スティーブ・ショアー、ベッヒャー夫妻とともに選出されています。アダムスは、特にアメリカの西部や都市化する街と自然の両方のある場所を写します。白黒の淡い光の写真は、そこにある現在を緩やかに写しだしています。

この書籍は、1974年に初めて出版され、その後、2007年に再出版されたものになります。コロラド州のロッキー山脈の壁の前にある街をロバート・アダムスが撮影したドキュメンタリー・フォトの写真集です。アメリカ南西の風景、そこには高速道路・低い建物・同じ区画で立てられた住宅があります。明るい光の中で撮られたモノクロの写真、西アメリカの風景をミニマルに切り取ったロバート・アダムスの美しい写真集です。

出版社:  Aperture
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 124ページ
サイズ:  23.2 x 25.6 cm
状態:   新刊

販売価格

5,100円(内税)

購入数
関連するオススメ書籍