ダイアン・アーバス【A Chronology】

ダイアン・アーバス(Daian Arbus 1923 - 1971年)アメリカ・ニューヨーク出身、アメリカの写真家です。1967年に撮影された、双子の少女の写真でご存知の方も多いかと思います。アーバスは戦後、コマーシャル・ファッション写真家として活動を始め、 やがてヴォーグ誌やグラマー誌で活躍するようになります。しかし、1950年代後半にはコマーシャルの仕事を辞め、彼女自身のテーマで作品作りに専念するようになります。アーバスの、性倒錯者・小人・巨人・精神病院の患者など、社会的マイノリティと呼ばれる人々をドキュメントした観る者に対して強く訴えかける作品は、リー・フリードランダーらと共に『ニュー・ドキュメンタリー』の作家として注目を集めます。また、フォト・エッセイを発表するなど、文章も多く残しています。

本書は、アーバスの友人・家族・同僚との間で交わされた手紙、彼女自身のノートブックおよび未発表のテキストなどを年代ごとに、日記形式に編集した読み物となります。テキストについての詳しい補足説明と、文中に登場する家族・友人など55人の人物のバイオグラフィーも収録されています。
被写体となる人々に接近しようとすると同時に、被写体との関係性について葛藤し続けたアーバス。
彼女の、写真に対する独自の視野と物事を見つめる精神力について追体験できる貴重な一冊です。

【SALE: 3,400円 → 2,040円】
※角(中身下部)にしみがございます。



出版社:  Aperture
タイプ:  ペーパーバック
言語:   英語
ページ数: 183ページ
サイズ:  20.7 x 16.2cm
状態:   新古品

販売価格

2,040円(内税)

SOLD OUT
関連するオススメ書籍