アグネス・マーティン【Paintings, Writings, Remembrances】

アグネス・マーティン(Agnes Martin, 1912 - 2004)カナダに生まれ、その後アメリカに移住。ミニマル・アートの作家として紹介されるアーティストですが、工業的な素材を用いるドナルド・ジャッドやリチャード・セラ等とは異なり、全て手で描かれた細く美しいラインと淡い色彩を特徴としています。
彼女がニューヨークに住んでいた1957年から67年の間に、アド・ラインハートやエルスワース・ケリーの絵画に影響を受け、円や正方形を使用し、左右対称な構成の実験を始めました。
ニューメキシコ州タオスへ移り住んだ1967年以降、絵の中のグリッドはしばしば揺らめく霧を通して見るかのように、繊細なニュアンスを見せるようになります。それらは、淡い色彩によるうっすらと輝いているかのような透明感を感じさせます。
純粋で瞑想的でもある絵画は、マーティン自身の自然への興味(特にニューメキシコ州の砂漠の風景)と、東洋の宗教、特に道教を反映したものと言われています。

本書は、マーティンの仕事を広範囲に渡って回顧する内容で、絵画、ドローイングの他、未発表のテキストや講義ノートを掲載しています。
ページをめくっていくと、小さめのノートに書かれたマーティンの手書きの手紙やファクシミリが随所に挟み込まれた装丁となっています。


出版社:  Phaidon
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 240ページ
サイズ:  29.6 x 26 cm
状態:   新刊
その他:  カラー図版180点、白黒図版20点

販売価格

14,700円(内税)

購入数
関連するオススメ書籍