倉俣史朗【Shiro Kuramata】

倉俣史朗(1934年 - 1991年)は、日本のインテリアデザイナーで、1960年より独創的な美意識をもった作品を発表し、国際的な評価を得ています。磯崎新、梅田正徳らと共に『メンフィス・グループ』に参加。
代表作は、金属メッシュで作られた「How High the Moon」アームチェア、造花を閉じ込めたアクリルとアルミで作られた「Miss Blanche」チェアなど。ニューヨーク近代美術館やロンドンのヴィクトリア&アルバート博物館などでコレクションされています。
彼のデザインした多くの作品の中には、現在失われてしまったものも多く存在します。
本書は、失われた作品に関する貴重な写真や説明も収められており、倉俣の独創的な仕事の全体像を振り返る内容となっています。
倉俣の作品をエッセイと共に紹介した一冊と、年代順にまとめられた作品と写真を収録したカタログの2冊が、カラーアクリルで作られたスリップ・ケースに収められており、インパクトのある美しいモノグラフとなっています。
著者はロンドン・デザイン・ミュージアムのディレクターを務めるDeyan Sudjic氏。
また、生前に発表された、対談やインタビューも多数収録されています(英語/日本語)。

こちらの書籍は、送料無料にて発送させて頂きます。


出版社:  Phaidon
タイプ:  ハードカバー2冊組、アクリルケース入
言語:   英語、日本語
ページ数: 416ページ
サイズ:  30.5 x 23.8cm
状態:   新刊
その他:  カラー図版600点

販売価格

12,000円(内税)

SOLD OUT
関連するオススメ書籍