サリー・マン【Immediate Family】

サリー・マン(Sally Mann 1951年 - )アメリカ・バージニア州生まれ。アメリカの女性写真家です。バージニア州・レキシントンの大自然の中に住み、自身の子供たちやアメリカ南部の自然を大判カメラを使用し撮影を行います。1988年に『At twelve』という作品で高い評価をえ、1992年に制作された『Immediate Family』は、彼女の名前を一躍広める写真集となりました。1990年代にデイビッド・ハミルトンやジョック・スタージェスらと共に人気を博した写真家でもあります。スタージェス同様、児童ポルノ規制により論争を呼びました。
裸で自然を駆け巡る子供たちの自然な表情、自然との戯れによって起こったハプニングと人が生み出す新たな表情。それらは、美しい自然な表情たち。モノクロームの透き通った、美しいフレーミングの作品です。
また、『Immediate Family』の中の数点の署名入りのプリントを東京国立近代美術館が所蔵しています。

本書は、1992年に制作され注目を浴びた『Immediate Family』の写真集になります。1984年から1991年に撮影された彼女の子供たちのモノクローム写真が掲載されています。裸で自然の中に佇む澄ました表情や、戯れる様子、ときには怪我をした子どもの横顔など柔らかな光が大変美しい写真たちをご覧いただけます。

出版社:  Aperture
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 88ページ
サイズ:  24.9 x 28.7 cm
状態:   新刊

販売価格

6,700円(内税)

購入数
関連するオススメ書籍