アンドレイ・タルコフスキー【Life and Work - Films, Writings, Stills & Polaroids】

アンドレイ・タルコフスキー(Andrey Tarkovsky 1932年 - 1986年)
ロシア出身。戦後ロシア(ソ連)の映画監督を代表する一人です。1954年映画大学(ソ連)に入学。卒業制作短編「ローラーとバイオリン」が、N.Y国際学生映画コンクールにて1位を受賞。1962年には、代役にて起用された「僕の村は戦場だった」にてヴェネチア国際映画際にてサン・マルコ金獅子賞、サンフランシスコ国際映画祭監督賞を受賞。その後、意欲的に作品を制作し続けるがソ連当局より避難を受け、制作・上映はソ連国内では順調ではなかった。のちにイタリアに亡命し、1986年パリにて客死。「ノスタルジア」の主人公と同じく、ソ連への帰国を前にこの世を去りました。独特な時間の流れと美しい映像、象徴的な水や動物の扱われ方など、ここ日本でもファンの多い監督の一人です。

本書は、タルコフスキーの映画について、彼の映画のスチール写真を交えて紹介した書籍になります。ソ連時代に作られた5本の映画「僕の村は戦場だった」「アンドレイ・ルブリョフ」「惑星ソラリス」「鏡」「ストーカー」、イタリア時代に撮られた「ノスタルジア」「サクリファイス」(※実際には、”ノスタルジア”撮影後にイタリアに亡命)の7本の映画を取り上げています。タルコフスキーについて書かれたエッセイ、本人によるテキスト、各映画のスチール写真、本人の日記からの抜粋文章、ポラロイド、家族の写真という大変見応えある書籍となっております。

出版社:  Schirmer/Mosel
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 320ページ
サイズ:  31.3 x 25.2 cm
状態:   新刊

販売価格

11,000円(内税)

SOLD OUT
関連するオススメ書籍