デレク・ジャーマン【Derek Jarman's garden】

デレク・ジャーマン(Derek Jarman 1942年 - 1994年)イギリス出身の映画監督です。ロンドン大学キングス・カレッジにて美術を学び、映画監督ケン・ラッセルのもとで美術スタッフとして務めた後、「In the Shadow of the Sun」(1974年)で監督デビューを果たします。80年代には、ミュージシャンたちと交流を持ち、ミュージック映像なども制作。「The Last of England」(1987年)の公開の前年、HIVへの感染が判明。「Blue」(1993年)を発表した、翌年1994年エイズによりこの世を去りました。

本書は、1986年からジャーマンが手を掛けて創った庭の本です。
デレク・ジャーマンの庭は、イギリス南部の海沿いにあります。海から吹風や時折の嵐によって作り上げた花壇やオブジェは、吹き飛ばされることもありました。それでも、また作って眺めてを繰り返していたのでしょう。その移り変わる彼の庭を1991年より、友人の写真家”Howard Sooley”が四季を通して写しました。ジャーマンによる文章・詩が、子どものように感情豊かでたのしい書籍となっています。

出版社:  Thames & Hudson
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 144ページ
サイズ:  23.8 x 17.5 cm
状態:   新刊

販売価格

3,700円(内税)

SOLD OUT