ドナルド・ジャッド【Prints and Works in Editions】

ドナルド・ジャッド(Donald Clarence Judd 1928年 - 1994年)アメリカ出身の画家・彫刻家・美術評論家であり、20世紀を代表するアーティストです。「ミニマル・アート」の代表作家でもあります。画家・版画家としてスタートさせ、50年代には、抽象表現主義に影響を受け作品を制作、初の個展を開きます。60年代に入ると立体作品へと手法を移行してきます、「スタック」シリーズや「スペシフィック・オブジェクト」と呼ばれる四角い箱を並べた作品などを展開。また、80年代には数々の建築プロジェクトを手掛け、建築論も展開しています。

本書は、1951年〜1994年の間に制作された版画作品と立体作品が掲載されています。立体作品は、67年からのものになります。50年代の版画作品は、まだミニマルになる前の作品からを掲載し、具象と抽象の両方を木版画で制作した作品などが掲載されています。グラフィックワークの展開を垣間見る頁などが織り込まれた大変美しく見応えある書籍となっております。

【SALE: 8,200円 → 5,740円】
※表紙に小さなキズがございます。


出版社:  Schellmann
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語、ドイツ語
ページ数: 176ページ
サイズ:  27.6 x 22.8 cm
状態:   新古品

販売価格

5,740円(内税)

SOLD OUT
関連するオススメ書籍