ヤニス・クネリス【Works, Writings 1958-2000】

ヤニス・クネリス(Jannis Kounellis 1936年 - )ギリシャ出身のアーティストです。1956年ローマに移り、以降は同都市を中心に活動しています。
ローマ美術アカデミーにて絵画を学び、1960年にローマで初個展を行なっています。初期の作品は、絵画・版画作品で数字、手紙、言語、標識などを用いたものでした。同年中、そこに彫刻的な要素を取り入れた作品を展開し始めます。1967年には、キュレーター:ジェルマーノ・チェラントによって提唱された「アルテ・ポーヴェラ」(美術の前衛運動の一つ)に参加します。現在では、アルテ・ポーヴェラを代表する作家の一人として挙げられています。生き物を使用した作品を早期に展開し、代表作としても取り上げられています。(1969年、ローマ「無題」)また、アルテ・ポーヴェラの特徴的素材である新聞、石、木材、ロープなども使用されています。旅が好きなクネリスは、様々なアイデアは旅で得た経験からのものだと言っています。そのアイデアを使用し、抽象性を用いて素材の物理的実存性や空間・環境的な作用をより奇抜な方法をもちいて可視化させています。

本書は、2001年に刊行された書籍になります。1950年代から1990年代にかけてのクネリスのキャリアをカバーし、ページ数は約440ページに渡ります。テキストに加えて、クネリスによる様々な記述が90ページ以降から掲載されています。また、作品写真も多数掲載されております。彼の作品の全貌を御覧いただける大変見応えあるものとなっています。


出版社:  20_21 Collection
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 446ページ
サイズ:  26.2 x 21.5 cm
状態:   新刊

販売価格

4,800円(内税)

購入数
関連するオススメ書籍