ローズマリー・トロッケル【Rosemarie Trockel】

ローズマリー・トロッケル(Rosemarie Trockel 1952年 - )ドイツ・シュヴェールテ出身のアーティストです。現在、ケルン在住・デュッセルドルフ美術アカデミーにて教鞭を執っています。学生時期には強くヨーゼフ・ボイスに影響を受けていました。80年初頭まだ女性アーティストが多くは活動できない時代の中で、ケルンにて女性アーティストのみの展覧会を開催しています。ヨーゼフ・ボイス、ゲルハルト・リヒター、シグマー・ポルケ、アンゼルム・キーファー、ゲオルク・バーゼリッツなどのような男性アーティストの中で、女性アーティストとして注目されているアーティストです。制作形態は、ドローイング・絵画・水彩画・立体作品・コラージュ、ビデオ作品など様々です。70年から78年までは、女性と女性を取り巻く社会についての作品を展開し80年代にMOMA(ニューヨーク)にて個展を開催しています。展覧会と同時期より特によく知られている機械編みのウールを使用した作品を作り始めています。ニットという素材の「女性的な領域」と工業という「男性的な領域」を再構築した作品です。1980年後半からは、ビデオ作品を制作、2004年以降からドローイングも重要な作品として注目を集めています。2013年にも、世界各国で展覧会を催し現在も勢力的に活動を続けるアーティストの一人です。

本書は、2010年にバーゼルその他3箇所を巡回した展覧会時に同時刊行された書籍になります。1978年から2010年に描かれたドローイング、水彩画、コラージュ、(立体数点※ニット作品1点を含む)207点が掲載掲載されています。テキストは、ドイツ語となっていますが、人体をモチーフにしたドローイングは情報が多く見応えがあります。


出版社:  Hatje Cantz

タイプ:  ペーパーバック

言語:   ドイツ語

ページ数: 163ページ

サイズ:  29.8 x 24.5 cm

状態:   新古品

販売価格

3,800円(内税)

SOLD OUT
関連するオススメ書籍