マルレーネ・デュマス【Intimate Relations】

マルレーネ・デュマス(Marlene Dumas 1953年 - )南アフリカ出身の画家です。現在はオランダ・アムステルダム在住、同都市で活動しています。絵画、ドローイング、版画、コラージュ、インスタレーション作品を制作。1984年より頭部や人体の絵を描き始めています。イメージソースは個人のスナップ写真やポラロイド写真、そして1000枚以上の、写真や雑誌・新聞からの切り抜きです。それらを用いて新たにコンテクスト作成し、彼女の特徴的な色彩、灰色・青・赤によって描かれます。1990年代初頭には、妊娠や赤ん坊をテーマにしたシリーズを作成。1998年から2000年は、写真家アントン・コービンとコラボレーションにて「Stripping girls」プロジェクトをアムステルダムにて行っています。2006年以降は歴史的に著明な人物にスポットを当て新しい肖像画として新たなコンテクストを用いて絵画を制作します。2007年には、ここ日本の東京都現代美術館にて展覧会が行われました。

本書は、2007年に彼女が拠点とするアムステルダムにある芸術系インデペンデントパブリッシャー「Roma Publication」より刊行された書籍になります。書籍の最初のページには【この本は、母へのラブレターです。彼女がいなければ私はここにいなかった】と書き添えられています。1973年から2006年までの間に制作された作品が集められ、英語による詳細なテキストと共に紹介されています。
書籍デザインは、Roger Willems氏によるものです。

出版社:  Roma Publication

タイプ:  ペーパーバック

言語:   英語

ページ数: 140ページ

サイズ:  26 x 21 cm

状態:   新刊

販売価格

5,000円(内税)

購入数
関連するオススメ書籍