エド・ヴァン・デル・エルスケン【Jazz】

エド・ヴァン・デル・エルスケン(Ed van der Elsken 1925年 - 1990年)オランダ出身の写真家・映画監督です。10代の頃より彫刻家を目指し学校に通います。第二次世界大戦中、ナチスから逃れるためにプロの彫刻家になるプログラムを放棄しなければなりませんでした。同じ頃、イギリス軍の持つ写真誌を目にし写真に興味を持ち、写真を撮り始めます。1950年、ドイツ人写真家Emmy Andriesseの提案によりパリに移動しマグナムの技師として暗室で働きはじめました。彼はそこで、アンリ・カルティエ・ブレッソンやロバート・キャパに会いました。彼の写真は、彼の生活する領域の中で撮られたドキュメンタリー写真です。これは、ラリー・クラークやナン・ゴールディン、ヴォルフガング・ティルマンスの前兆となるような興味深いものです。1954年に刊行された写真集「セーヌ左岸の恋」はパリの若者の生態を写しまとめ注目を集め、1950年代を代表する写真集となりました。50年代末にはここ日本にも何度か来日し、当時の日本の写真界にも大きな影響を与えました。

本書は、エルスケンの幻の写真集であった「Jazz」の復刊となります。ブレやピンボケを使用した白黒写真が収められています。収められた写真は、すべてアムステルダム・コンセルトヘボーでのコンサートで撮影されたもので、アームストロング、キッド・オリー、スタッフ・スミス、グッドマン、ベイシー、エリントン、ケントン、ホーキンス、レスター、マイルス・デイビス、コニッツ、ゲッツ、マリガン、ロリンズ、コルトレーン、ドルフィー、MJQなどJazz好きの方にはたまらないメンツのスナップ写真です。(別冊にて、英語の解説・ミュージシャンと曲目リストが付属しています)プレゼントにもおすすめの一冊です。


出版社:  Edition 7 Paris
タイプ:  ハードカバー
言語:   ドイツ語、英語
ページ数: 96ページ
サイズ:  18.4 x 17.4 cm
状態:   新刊

販売価格

3,000円(内税)

SOLD OUT
関連するオススメ書籍