エドワード・ホッパー【Silent Theater: The Art of Edward Hopper】

エドワード・ホッパー(Edward Hopper 1882 - 1967年)アメリカ・ニューヨーク出身。20世紀を代表するアメリカの画家・版画家です。商業美術学校で学んだのち、ニューヨーク美術学校へ進み絵画を学びます。同校の教師であったロバート・ヘンリー(アシュカン派の写実画家)から影響を受けたと言われています。アメリカンリアリズムを代表する画家です。油絵は特に知られていますが、版画や水彩画も1920年以降は注目されていました。現在、彼の作品3000点以上がアメリカのマンハッタンにあるマルセル・ブロイヤー設計によるホイットニー美術館に収められています。

本書は、1900年の初期から1960年代までのエドワード・ホッパーの作品の全貌を御覧いただけるものとなっています。作品は、年代順ではなく各題材ごとに集められています。ページ数は約250ページですが、掲載作品数が非常に多く彼の作品を十分に見ていただけるものとなっています。

出版社:  Phaidon
タイプ:  ペーパーバック
言語:   英語
ページ数: 264ページ
サイズ:  29 x 25 cm
状態:   新刊

販売価格

3,500円(内税)

購入数
関連するオススメ書籍