ソフィ・カル【Ghosts】

ソフィ・カル(Sophie Calle 1953年 - )フランス・パリ出身のアーティストです。
作品は、写真を使用した形態が多く写真家として紹介されることもあります。実際には、写真だけでの展示だけではなく、写真と文章を構成し、物語性のある作品を展開しています。10代後半より7年間の放浪の旅を終えた後、彼女はパリに戻り、見知らぬ人を尾行したり28人の友人や赤の他人に自身のベッドで8時間寝てもらい撮影をするという行為を行います。アーティストとして活動を始めたのは80年代からです。私的な感情や行為を視覚化する作品。それらの展示の際の美しい構成は、鑑賞者を一気に彼女の世界へ導きます。

本書は、写真とテキストからなるカルの作品「Ghosts」を書籍化したものです。
1980年代と1990年代に、ボストンのIsabella Srewart Gardner MuseumとイングランドのThe Earl of Bath's residenceにおいて多くの権威ある美術作品が盗難やアクシデントに見舞われました。このプロジェクトでは、作品のなくなったスペースには、中身のないフレームを置きそこに何を見たのかを教えてくれるように双方の美術館の関係者たちにインタビューを行い作品への記憶を収集しました。本書もまた、一つのアーティスト本として御覧いただける書籍となっています。

出版社:  Actes Sud
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 176ページ
サイズ:  19.8 x 10.4 cm
状態:   新刊

販売価格

3,300円(内税)

SOLD OUT
関連するオススメ書籍