エド・ルシェ【The Ancients Stole All Our Great Ideas】

エド・ルシェ(Ed Ruscha, 1937 - )
絵画・写真・版画・映画作品を制作する、アメリカ合衆国のコンセプチュアル・アーティストです。
1957年、ルシェがロサンゼルスでアートを学んでいた時、当時まだ無名であったジャスパー・ジョーンズの「Target with Four Faces」を目にします。
ジョーンズの作品に強いインスピレーションを受けたルシェは、グラフィックと絵画に興味を持ち始め、1961年より商業広告や映画などから引用されたイメージと、文字とを組み合わせた絵画作品「Word Painting」シリーズの制作を始めます。以降、現在まで制作が続けられており、ルシェの代表作と言えるシリーズとなっています。
また、1960から70年代にかけて、自費出版にて16冊のアーティストブックを出版します。モノクロ写真でガソリンスタンドを客観的に撮影した『26のガソリンスタンド』、大通りの両サイドの建物の連続写真を蛇腹式の本に収めた『サンセット大通りのすべての建物』など、本を作品とみなすこの行為は、写真表現のあり方に大きな影響を与えるものでした。
写真表現についてルシェは、「写真は表現手段として利用するだけで、私は写真家ではないんだ」という趣旨の発言をしており、ダン・グラハムやシンディ・シャーマン、ベッヒャー夫妻などと共にコンセプチュアル・フォトグラフィーの作家として紹介されることもあります。

本書は、2012年にオーストリア・ウィーン美術史美術館にて開催された展覧会「The Aucients stole all our great ideas」時に同時刊行された書籍になります。この美術館では、国際的なアーティストを招待しアーティスト自身がこの美術館のコレクションを用いて展覧会を企画するというプロジェクトを行なっています。ロンドンのナショナル・ギャラリーでも、同じような企画がありデビッド・ホックニーやルシアン・フロイドなどが展覧会を催しています。今回、この美術館では、エド・ルシェが選ばれました。1961年にルシェは、初めてこの美術館を訪れました。そして50年が経過した後、ルシェはこれを制作しました。美術館のコレクションより選びだした絵画、彫刻、標本などを選びそれにルシェ自身による言葉(考えや好み)を載せました。本書には、その中から40点が選ばれ書籍として刊行されました。しかしながら、本の形式はとっておらず、グレーのスリーブケースに40枚のカードが入れられた形式になっています。表面には、美術作品の写真。そして裏には、作品の年代などの詳細と、ルシェの言葉が刻まれています。アーティスト本のような書籍です。(※ルシェの作品も一枚あります)


出版社:  Walther Koning, Koln
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語、ドイツ語
ページ数: 40ページ
サイズ:  24 × 28 cm
状態:   新刊
その他:  カード式(※別途、小冊子有り)

販売価格

6,500円(内税)

購入数
関連するオススメ書籍