リチャード・ロング【Prints 1970 - 2013】

リチャード・ロング (Richard Long 1945年 - )イギリスのアーティストです。ロンドンのセントマーティン美術学校の頃より作品を発表しており、1967年の在学時に発表した『歩行による線』にて注目を集めます。1989年には、ターナー賞を受賞。作品はランドアートに分類されます。しかしながら、大掛かりな重機を使ったものは少なく、手を使って作られたものが中心となっています。自然の材料をそのまま使用することも少なくありません。ここ京都の国立近代美術館にも、作品があります。また、1996年に同館にて「山行水行」が開催されています。

本書は、2013年に世界3箇所で行われた展覧会時に同時刊行された書籍になります。リチャード・ロングの1970年から2013年までに、シルクスクリーンやオフセット印刷で限定で制作されたカードボードが集められ展示されました。本書はそれに合わせて初めてつくられたロングのPrintsカタログ・レゾネになります。制作年、部数、サイズなどの詳細が添えれ、ロングのアートワークを捉えた写真やテキスト、ドローイングなどをプリントしたカードボードが豊富に掲載されています。

【SALE: 4,900円 → 2,450円】

出版社:  Walther Koning, Koln
タイプ:  ペーパーバック
言語:   英語、ドイツ語
ページ数: 196ページ
サイズ:  27 × 21.5 cm
状態:   新刊

販売価格

2,450円(内税)

購入数