タリン・サイモン【Birds of the West Indies】

タリン・サイモン(Taryn Simon, 1975 - )ニューヨーク生まれ、在住のアーティストです。その作品は、写真・テキストなどの要素で構成され、綿密な調査から作成されたカテゴリーや分類によるドキュメンタリーの形をとります。
2007年に、核廃棄物の貯蔵管理施設から冬眠中のクマ、CIAのアートコレクションなど、アメリカ国内で通常見る事の出来ない場所をテーマとした「An American Index of the Hidden and Unfamiliar」で注目を集めます。以降も、精力的に作品の制作・発表を行っており、2011年のヴェネツィア・ビエンナーレ、2014年の横浜トリエンナーレにも参加しています。

本書は、2013年から14年に掛けてアメリカ合衆国ピッツバーグのカーネギー・インターナショナルで行われた同名の展覧会に合わせて刊行されました。
本作品でサイモンは、映画007シリーズの詳細で広範囲にわたる分析によって、主人公ジェームズ・ボンドの女性・武器・乗り物の200点以上の目録を作成しました。それぞれのカテゴリーに含まれる内容は、魅力的で、強く、無敵の西洋男性という幻想に不可欠なアクセサリーとなるものです。そしてファンタジーを生み出すために使われる、交換可能な要素のデータベースと言う事ができます。
これらの要素によって、繰り返し生産されるキャラクターの経済的・感情的な価値を問いかけます。
なお、タイトルとなっている『Birds of the West Indies(西インド諸島の鳥)』は、映画007の主人公の名前の元となった、鳥類学者のジェームズ・ボンド博士の1936年の著作より採られています。


出版社:  Hatje Cantz
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 440 ページ
サイズ:  29.5 x 20.3 cm
状態:   新刊
その他:  図版210点

販売価格

6,800円(内税)

購入数