ジェフ・クーンズ【Conversations With Norman Rosenthal】

ジェフ・クーンズ(1955年生まれ)アメリカを代表するアーティストであり、『King of Kitsch』と言われる世界で最も有名なアーティストの一人です。美術学校・大学を卒業し、10代はダリを崇拝していました。1970年後半は、ウォール街で仲介人の職につきながら作家活動を行なっていました。1985年「平衡」シリーズを発表。同年『ネオ・ジオメトリック・コンセプチュアル・アート』グループ展が開催され、その中心的存在としてクーンズは脚光をあびます。
「キッチュ」という一つのアイコニックな消費社会の産物を、ひと目で分かる綺羅びやかな広告や彫刻で私達の前に出現させました。洗練やシンプルという言葉では表せないクーンズの作品は、美=「美しい」のみが芸術ではないことも示しています。そして、それ故にいつも賛否両論の意見が交わされてきました。大衆やメディアを意識した彼の制作は、常に一貫したテーマの元に成り立っています。

本書は、2014年から2015年のジェフ・クーンズの回顧展に合わせて出版された書籍になります。約35年に渡るアーティストキャリアを包括的に紹介したこの展覧会は、長年の友人であるキュレーター:ノーマン・ローゼンタールとのコラボレーションで行われます。本書内には、3年間に渡るローゼンタールとクーンズのインタビューなども掲載され、250点のカラー図版で御覧いただける大変見応えある書籍となっております。

出版社:  Thames & Hudson
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 296ページ
サイズ:  24.8 x 17.5 cm
状態:   新品

販売価格

4,300円(内税)

SOLD OUT