ブリジット・ライリー【The Stripe Paintings 1961-2014】

ブリジット・ライリー(Bridget Riley, 1931 - )イギリス・ロンドン出身の画家です。現在はイギリスとフランス在住。1949年-52年はゴールドスミス大学、その後1955年まではロイヤルカレッジ・オブ・アートにてアートを学んでいます。1960年代半ばより、錯覚効果を用いた抽象絵画「オプ・アート」の代表的な一人となります。
円、曲線、直線線、ストライプなどの単純な形態の反復による画面構成と色彩の関係性を研究し、視覚を揺さぶり錯覚効果を生み出す絵画を制作しています。しかし、ライリー自身はそれだけではなく、色彩や形態からおこる音楽的なリズムは鑑賞者の心理や精神にも影響を与えるものだと発言しています。

本書は、ライリーの過去50年間の制作を振り返って、ストライプを用いた作品に焦点を当て、ペインティングだけでなく紙に描かれたドローイング作品などをまとめた書籍となります。ロンドンのデイヴィッ・ツウィルナー・ギャラリーにて行われた展覧会に合わせて刊行されました。
1960年代の最初のストライプ作品から、1980年代の彼女自身が『Egyptian』の色使いと呼ぶ垂直による構成のシリーズ、目にすることの少ないガッシュによる習作などを展示風景の写真と共にご覧頂ける内容となっています。
また、ライリーの近作についてのPaul Moorhouseによるテキストや、1978年のナショナル・ポートレート・ギャラリーでの展示の際のRobert Kudielkaによるインタビュー、ロンドンのSt. Mary's Hospitalでのインスタレーション作品のドキュメントなどを収録しています。


出版社:  David Zwirner Books
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 180ページ
サイズ:  31 × 26.2 cm
状態:   新刊
その他:  カラー図版92点、白黒図版7点

販売価格

7,100円(内税)

購入数
関連するオススメ書籍