マックス・ビル【Typography. Advertising. Book Design】

マックス・ビル (Max Bill 1908 - 1994年)スイス・ヴィンタートゥール出身、「バウハウス最後の巨匠」と言われたデザイナーです。1929年以降、画家、彫刻家、グラフィックアーティスト、建築家、工業デザイナーとその活動は多方面にまたがり、「(アートは)数学のアンチテーゼ」と説いたアーティストでもあります。
1927年から1929年にドイツ・デッサウでバウハウスにて、ワシリー・カンディンスキー、パウル・クレー、オスカー・シュレンマーに学ぶ。(※後に、バウハウスで教鞭を取る)1955年には、バウハウスの意思を受け継ぐウルム造形大学をドイツ・ウルムにオトル・アイヒャー夫妻とともに設立。また、ヨゼフ・アルバースらと共に「コンクリート・アート」の代表的アーティストとしても挙げられます。

本書は、マックス・ビルの代表的な仕事:タイポグラフィー、広告、ブックデザインなどを包括的に紹介した書籍になります。1930年代にスイスアバンギャルドの動向は、マックス・ビルのスタジオ”Bill - zurich reklame”によってほとんど全てが可視化されました。バウハウス世代の学生たちにも、教科書的な役割を担っていたマックス・ビルの理論的な出版物です。商業ロゴや広告のデザインをただ見せた書籍ではなく、マックス・ビルという創造者が創りあげた「視覚的ユーモア」を発見することのできる一冊となっています。

出版社:  Niggli
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語、ドイツ語
ページ数: 304ページ
サイズ:  28 x 23 cm
状態:   新刊
その他:  図版600点

販売価格

7,400円(内税)

購入数
関連するオススメ書籍