ワシリー・カンディンスキー【From Blaue Reiter to the Bauhaus, 1910 - 1925】

ワシリー・カンディンスキー ( Kandinsky Wassily 1866年 - 1944年 ) ロシア出身の画家です。フランスにて没。1896年にミュンヘンで絵の勉強を始め、1910年最初の抽象画を制作。旧ソ連のウラジミール・レーニン時代、前衛芸術が保護されていましたがその後ヨシフ・スターリン政権下にはこの状況が変化します。1921年には、再び絵画を学んだドイツへと向かいました。翌年1922年からはパウル・クレー等と共にバウハウスで教官を務める。代表作である『コンポジション』は、初期のドイツ滞在中に制作されました。ピエト・モンドリアンやカジミール・マレーヴィッチとともに抽象絵画の先駆者として、数々の色彩豊かな絵を描きました。

本書は、2013年10月から2014年2月にニューヨークNeue Galerieにて行われた展覧会時に同時刊行された書籍になります。1910年から1925年というカンディンスキーにとって重要な時代であったこの時期には、ブラウエ・ライター(青騎士)やバウハウスに携わっていた時代に当たります。ワグナーによる総合芸術論:Gesamtkunstwerkなども合わせられ、絵画・建築・オペラなどの様々な芸術からの視点を垣間見るここができます。展覧会と合わせて刊行された本書では、
6人の研究者によるエッセイと3つのセクション「From Blaue Reiter to The Bauhaus」「Beyond Easel Painting」「Music and Theater」と分けられた作品が掲載されています。

【SALE: 5,500円 → 3,300円】
※はじめの数ページの角部分折れ跡がございます。


出版社:  Hatje Cantz
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 208ページ
サイズ:  29.5 x 24.5 cm
状態:   新刊
その他:  カラー図版 192点

販売価格

3,300円(内税)

購入数
関連するオススメ書籍